読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

株式投資

こんばんは。

さきほど都内のTSUTAYAに行ったら、

なぜかまだ発売日を迎えていない「株は技術だ!」が

置いてありました。前々から気になっていたので、さっそく読んでみました。

株は技術だ!  倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

 

 結論から言いますと、またまた期待外れかなと。

最近どうもいい本に巡り合えません。

 

株式投資の世界では有名な相場師朗さんが書かれたということで

かなり期待していたのですが、わりと一般的なことしか

書かれていませんでした。話はほとんどチャートの見方に終始しています。

 

いろいろなチャートを例に出して、

「ほら、私の理論は当たってるでしょ?」

という風な本の構成なのですが、

個人的には、逆に自分の理論に沿ったチャートを引っ張ってきているだけでは?

と思ってしまいました。

正直この本を読んでも、結局エントリーするタイミングはわからずじまいです。

 

それでもいくつか学べるところはありましたので、以下に書かせていただきます。

 

 

 

・株価

どんなにその会社の情報を集めても、

株価を予測することは困難

 

・節目

節目+300日移動平均線の組み合わせが良い

 

・ヘッジ

困ったときはヘッジの空売り

 

・陽線

1日おきに陽線が出る⇒明るい兆し

2日連続で5日移動平均線の上。しかも連続陽線。⇒もう大丈夫