しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

脳を最適化すれば能力は2倍になる

 

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

 

 

読んだら忘れない読書術で有名な樺沢紫苑さんの最新の著書。

今回も脳科学の観点から、効率的な活動の仕方を提唱されています。

 

この本は学術書ではなく、ビジネス書として書かれているので、とても読みやすく感じました。

また、途中でしばしばわかりやすい例えが使われているので、難しい脳科学用語もわりとすんなりと頭に入ってくる印象です。 

 

 

例えば脳の成分を紹介するために、エヴァンゲリオンが用いられています。
シンジは気分が沈み、抑うつ的になっているのでノルアドレナリンが分泌されているだろう。
常にポジティブ、モチベーションが高いアスカはドーパミンが、
いつも物静かで言葉数が少なく冷静な綾波レイセロトニンが出ている。
感情を表現できない綾波は、セロトニン分泌過剰気味かもしれない。

など、エヴァンゲリオンを知っている人は思わず納得してしまいそうな説明の仕方です。

 

脳科学的に考えれば、幸せは脳の中にあると言える。
脳内物質であるドーパミンが分泌されたとき、私たちは幸せを感じる。

 

とのことなので、積極的にドーパミンを出していきましょう!

ドーパミンを出すためには以下の7ステップが必要となります。

ドーパミンを分泌させる7つのステップ
1、明確な目標を設定する
2、目標を達成した自分をイメージする
3、目標を繰り返し確認する
4、楽しみながら実行する
5、目標を達成したら、自分にご褒美を与える
6、すぐに新しい高い目標を設定する
7、目標達成のプロセスをくり返す

 

また、

難しいけれども、頑張ればクリアは可能。そうした適度な課題が設定されたとき、ドーパミンが最もたくさん分泌される。

とのことなので、課題設定にお役立てください。

 

北斗の拳仕事術、ウルトラマン仕事術、ドラクエ仕事術など様々な仕事術も出てきますので、ぜひご一読ください。