しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『「好き」を「お金」に変える心理学』新たな道を進もうとしている人におすすめ!

 

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

 

 

今日はメンタリストDaigoさんの最新作、『「好き」を「お金」に変える心理学』をご紹介します。

 

最近心理学や脳科学に興味がわいており、なおかつ、まさに好きなことを仕事にしたいなという時期が来たため、この本を手に取りました。

 

先日ご紹介したこちらの本、

dokusho.hateblo.jp

に引き続き、なかなかの良書でした。

おそらく今の自分の状況にあっているので、余計にぴったりだと感じるのだと思います。

両方とも、起業や転職を考えている方におすすめです。

 

 

 

 

さて、今回ご紹介するDaigoさんの本、以下を引用させていただきます。

 

お金の悩みから抜け出すためには、自分が満足できる器、充足感を覚える環境がどのようなものかを知ることが欠かせません。

 つまり、自分がいったいいくら手に入れば、何が手に入れば満足するのかを知るべきだと著者は言っています。

それがわからないと、今後の目標の立てようがありません。

 

自分の好きなこと、得意なこと、心から欲していることには惜しまずお金を使うことが大切。

これは、決して娯楽などに使うのではなく、自分がお金を使うことによって、さらに自分の能力が伸びることにお金を投資しろという意味で使われています。

自分の好きなこと、得意なこと、心から欲していることに投資をすることは、結果的に素晴らしいリターンをもたらすのです。

私の場合読書が大好きなので、今後もお金がないなりにより一層書籍の購入を続けようと思います。

 

人生を劇的に変えることができたきっかけは、選択し、集中したことにとことんお金と時間を使っていったことにあります。

選択と集中が大事です!とにかく自分の好きなものに集中投資!

 

以下の8つを満たすものを、自分の仕事にできると確実に幸せになれます。

8つはいわゆるフロー体験というもので、自分が全てを忘れて没頭できるものの基準を示してくれています。

 

フロー体験の8つの構成要素
1、明確な目的
なんのためにそれをやっているのかという明確な目的があり、かつその目的を実現するための手段や、それをやるとどうなるかという予想も、ある程度ついている

2、集中
たくさんの物事の中からそのことを選択し、時間やお金などを集中してもいいと思える

3、自意識の低下
我を忘れた状態になれる

4、時間の歪み
そのことをしているときは、時間が短く感じられる。時間感覚が、短縮、圧縮される

5、レスポンスの速さ
ある課題をクリアすると、すぐにその効果を実感できる

6、適切な難易度
取り組んでいる物事が、難しすぎず、かといって易しすぎない

7、自分で状況をコントロールしている感覚
自分が取り組んでいる物事の状況を正確に把握し、その物事を自分が望む方向にコントロールできていると感じられる

8、活動自体に価値を見出すことができる
活動の結果として得られる報酬が目当てではなく、活動自体に価値を感じて取り組むことができる

 上記を満たすもの、つまり「好き」を仕事にすると「お金」があとからついてくるのです。私もあとから上記に当てはまるものを書き出します。

 

自分がやりたいことをできるようになるためには

私はこれが好きであり、得意です
その得意なことを活かして、こんなことができます
ということを周囲に公言することが欠かせません。

周囲に公言してこそ、「それだったらこんな人がいるよ」「こんな問題で困っています」などの情報が寄ってきます。

自分の中で夢を閉じ込めずに、どんどん発信していくことが重要です。

 

まずは物を買うよりも、好きなこと、得意なことを伸ばし、磨いていくことのできる経験にお金を使っていきましょう。

物欲というものは一生消えません。だからまずは自分に投資することが必要です。

 

他にもいくつもよい文章が書かれていました。

心理学に興味がある方、お金を増やしたい方、起業や転職を考えている方におすすめです!