しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『嫌われる勇気』人生史上最高の本!

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

こんばんは。しんたです。

最近職場の人間関係に悩んでいるので、前から読んでみたかった『嫌われる勇気』を読んでみました。

 

結論から言うと、かなりの良書です。今までの人生の中でも5本の指に入ります。

 

この本は最近話題の「アドラー心理学」をわかりやすく解説しています。

登場人物は哲人と青年。青年が思う現代の悩みを、哲人がアドラー心理学を使いながら的確に説明していきます。小説のようなストーリー。

 

青年はまさに私たち読者が突っ込みたくなる質問を、代わりに哲人にぶつけてくれます。実に爽快。

その質問に対して、怒ることなく丁寧に説明してくれる哲人にも好感が持てます。

 

対話形式になっているので、理解もしやすく、1日で読み終えてしまいました。

本当に宝物のような本です。

 

アドラーいわく、「全ての悩みは人間関係に起因する」。

読み進めていくうちに「確かにそうだな」と感じました。

 

さらに勢いあまって『嫌われる勇気』の続編、『幸せになる勇気』も続けて購入してきました。

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

今から読むのが楽しみです。