しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『幸せになる勇気』前作に引き続き良書!

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

こんばんは、しんたです。

実はおととい、6月1日から勤めた会社をわずか2か月弱で退職してしまいました。

原因はいろいろありますが、自分の耐久力のなさにも大いに問題がありそうです。

 

せっかく苦労して入った会社。

お給料も前職よりだいぶ上がり、福岡という土地も気に入り、やっと自立した人生が歩める、そう思って喜んで入った会社でしたが、現実は甘くありませんでした。

ここでいろいろ書くと単なる愚痴になり、皆さんもいい気はしないと思いますので、書くことは避けます。

 

ただ、毎日苦悩の中、私が最終的に退職を決めたのは、今日ご紹介する『幸せになる勇気』という本を読んだからでした。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

前作『嫌われる勇気』を読んだ私は、すっかりアドラー心理学の虜となり、アドラーに救いを求めたのでした。

この本に出てくる「青年」。それはまさに自分そのものでした。

自分に自信が持てない青年。何事もネガティブな青年はまさに悩み続けている自分でした。

 

 

 

今回の『幸せになる勇気』も、前作同様「哲人」と「青年」の対話を通して、アドラーの考えを学んでいく構成です。

この対話がすごく面白い。

青年はとにかくアドラーの考え方に納得がいかないのですが、それをひとつひとつ哲人が丁寧に解きほぐしてくれるのです。

 

最初はアドラーの考えについていけない青年が、哲人の話を聞いて少しずつアドラーを理解していき、最後には自信を持って哲人と別れる様に、私も勇気づけられました。

 

大変おすすめできる一冊です。