しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『小さな習慣』これならやりたいことが継続できそう!

 

小さな習慣

小さな習慣

 

こんばんは。しんたです。

今回ご紹介するのは『小さな習慣』。

物事が続かない」と困っている人向けに書かれた、習慣化に関する本です。

 

ほとんど何も続かない自分

皆さんも「ダイエットがしたい」「ジムに通いたい」「英語をマスターしたい」など、続けてやってみたいことってあると思います。でもなかなか続かない

かく言う私も、今までの人生で物事にコツコツ取り組んできた経験ってほとんどなかったんですよね。

 

ダイエットをしようと思って歩き始めたものの、すぐにくじけたり、高いお金を払ってジムに入会したものの、ほとんど行かなかったり・・・

それって本当にもったいないですよね。

 

この本は、「小さな習慣」という題名の通り、ものすごく小さな目標を設定し、それをクリアすることによって、意識することなく自分の望んだものが習慣化されることについて書かれています。

 

 

小さな習慣の例

筆者も私たちと同じように、物事が続かなくて悩んでいた1人でした。

そんな彼が編み出したのが「腕立て伏せ1回チャレンジ」。

その名の通り、毎日腕立て伏せ1回を継続するというものです。

 

筆者によると、人間は自分の嫌なこと、面倒くさいことを始めるときにかなりのエネルギーを消費するようです。

多くの人は、「今日から毎日腕立て伏せを30回しよう」、「早朝6時に起きてランニングをしよう」という風にあまりに壮大な目標を最初から立てすぎです。

 

もっと手軽に、誰もがあきれるほど簡単な目標にすると、自然と継続することができ、しかも結局始めてしまうと波に乗ってきて、目標よりも多くの回数をこなすことができるとのこと。

筆者の場合は腕立て伏せ1回を目標にし、調子のいい日は30回、調子が悪い日は本当に1回で終わることで、着実に腕立て伏せの習慣がつき、今では運動が大好きになってしまったんだとか。

 

なにかを新たに始めたい、挫折を繰り返したくない人におすすめ!

私も何度も習慣化に失敗しているので、今回こそこの本に書いてあることを実践し、習慣化にこぎつけようとしています。

今のことろ私の小さな習慣は以下です。

・腕立て伏せ1回

・読書2ページ

・英会話レッスン1回

・自転車3分もしくはウォーキング5分

 

これらを毎日行うことで、確実に知力、体力ともに伸ばしていきます!