読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『スーツケース起業家』こんな生活したみたい!

 

スーツケース起業家

スーツケース起業家

 

 最近あこがれている生活スタイルがあります。いわゆるノマドライフです。

毎日好きなところで好きな時間で本を読み、感想をブログにアップして、最低限のお金をいただく。

こんな生活ができたらどんなに幸せかと、毎日考えています。

 

と同時に、起業にも興味を持ち始めた(というか昔からずっと持っていたのですが、今ちょうどフリーなので、起業しやすいといえばしやすいなと考えたわけです、はい。)ので、最近は起業家の本を多く読んでいます。

 

今回ご紹介するこちらの本、さきほどツイッターであげた「ブックラボトーキョー」という渋谷にあるお店で読んでいました。

まさに渋谷にあるブックカフェといった感じで、いたるところでIT系の方々がパソコンを持ち込んで作業や話し合いを行っていました。オーナーさんもそういうコンセプトで店を始めたようですよ。

 

本の種類はIT系、デザイン系がメインです。あとはビジネス書ですね。

ビジネス書のみ自席に持ってきて、コーヒーを飲みながら閲覧可能とのことでした。

 

 

 

 

さて、それでは話を戻して『スーツケース起業家』の物語へ。

 

ちょうどのタイミングを待たず、少々リスクがあっても現状を変えたいなら、まず飛び込んでしまうことだ。
1日決断を延ばすだけで、理想の人生に向けて1日を失うことになる。

とにかく起業しちゃえよ、早くしないとどんどん月日がたっちまうぞ!

ということです。飛び込めば意外になんとかなるとのこと。

 

ノウハウや情報はネットで無料で手に入れられる時代であり、あなたの強みは顧客の生活に価値を加えるか、顧客の行動に豊かさを与えるかのどちらかによって発揮されるものだ。

確かにいまどき情報はネットで無料で入る。そんな中お客さんからお金をもらうには、やはり何かの価値を届けないといけません。

価値のないものにお金は払えませんもんね。

 

あなたの分野で一番になることを目指して学ぶことだ。技量を高め、メンターやコーチングに投資することだ。ソーシャルメディアを通じて、あなたのブランドを市場に売り込む方法を学ぶために時間を割き、どうすればブロガーとしてさらに信頼度を高めることができるのかを研究することだ。

これはまさに私の課題です。私ってブランドがないんです・・・

もっと自分のキャラを引き立たせて、ブランディングしていきたいなと思っている今日この頃。

 

スウィートスポットとはあなたが好きなこと、得意なこと、そして多くの人がお金を払ってくれることの交差点にある。

自分の好きなこと、得意なこと、そしてお金を払ってくれる人がいること、この3点がそろったときに、自分のビジネスは最強になります。

 

 

スーツケース1つで世界を飛び回る覚悟は、私にまだできていませんが、とりあえず国内で生活できるぐらいのライティングレベルを身につけたいです。

そのためにはとにかく書くことが重要なはず!

ブログの更新頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。