しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『心の持ち方 完全版』自分はどのように過ごすべきか

 

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

おはようございます。しんたです。

実家に戻ってきて、早2週間がたとうとしています。

地元での転職活動も少しずつ進み、来週水曜日には1社面接に行く予定です。

 

この1年、転職を通じて改めて自分の夢について考えることが多くなりました。

株式投資、不動産投資、英会話、温泉に泊まる、旅行などなど、やりたいことはたくさんあるのですが、これらは自分がお金を払って楽しむ「趣味」のようなものであり、今すぐに仕事にするものではなさそうです。

 

「じゃあ自分は何を仕事にすれば楽しくお金を稼げるのだろう?」と何度も考えましたが、いったい何を仕事にしたいのか、正直わからないというのが今の現状です。

わからない、というより一種の恐怖なようなものも持っています。

どのような恐怖か。それは、「次の仕事もまた嫌になってしまうのではないか」「すぐに辞めたくなるのではないか」という、なんとも言えない恐怖です。

 

働くことは嫌いではありませんし、むしろ人と関わることは好きなので、どんどん社会には出ていきたいのですが、「働く」という恐怖から抜け出せない自分がいます。

 

もちろん、そんなこと言わずに働かないと実際生活することができないので、どこかで働くことにはなるのでしょう。その時自分はどのような心持ちで過ごせばいいのか。そのヒントになるかと思い、今回取り上げる『心の持ち方』という本を読んでみました。

 

が、結果的にはあまりいい本ではありませんでした。

よくこれが30万部も売れたな、と思うほど普通のことしか書いていません。

普通のことをやる、続けるのが難しいということかもしれませんが。

 

そんな中でも心に残った文章はいくつかありましたので、紹介します。

 

心配は何の役にも立たないばかりか、かえって自分を暗示にかけてしまう。心配はやめよう。

 

日記は自分の人生に関する有意義な記録である。そのときは些細なことのように思えても、それを書きとめておくと、あとになってたいへん懐かしく思えてくる。

 

人生は深刻に考える必要はない。

 

日ごろから心がけて面白い要素を見つけ、笑う機会を増やせば、心身が健康になっていく。

 

怒りは感じてもよいが、そのあとが重要。

 

怒りを引きずらず、幸せな気分に切り替えよう。

 

本当に手に入れたいものやしたいことを数日間じっくり考える。そして、確実に達成できる簡単な目標を選ぶ。さらに、その目標を一連の小さい目標に細分化する。それを段階ごとに全て紙に書くことが大切。その小さい目標を達成するたびに○を記入し、進捗状況を明確にする。

実家に帰ってきました。

f:id:poco89:20170809173526j:plainこんばんは、しんたです。

今日、数か月住んだ福岡の家を引き払い、実家のある富山に撤退してきました。

写真はおとといの夕方、日が暮れるときにマンションの廊下から撮影したものです。

いつもきれいですが、おとといは特にきれいだったのでパシャリ。

この景色ももう見られないと思うと残念ですね。

 

今まで多くの街に住んできましたが、福岡は本当に良いところでした。

仕事さえ良ければもっと長く住んでいたかった、と残念な気持ちでいっぱいです。

 

f:id:poco89:20170809173848j:plain

そして、明日からはさっそく地元での職探しが始まります。

合同説明会とやらがあるそうなので、行ってみます。

なんか新卒たちに紛れそうで嫌ですが・・・

 

富山は地方なので興味のある仕事も少なく、これからうまく働いていけるのかとても不安です。

自分に合う仕事が見つかるのか、それとも就いた仕事を天職にするのかは自分次第なので、のらりくらりと過ごしていきたいです。

 

f:id:poco89:20170809174555j:plain

昨夜は博多最後の夜、ということで天神にある一風堂のバー?に行ってきました。

この店、もちろんラーメンも食べられるのですが、夜はバルっぽくなっており、豊富な日本酒とおつまみでもてなしてくれます。

昨日は九州の地酒をとことん飲んでやりました。

今日からは北陸の酒で楽しみます。

 

 

 

『幸せになる勇気』前作に引き続き良書!

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

こんばんは、しんたです。

実はおととい、6月1日から勤めた会社をわずか2か月弱で退職してしまいました。

原因はいろいろありますが、自分の耐久力のなさにも大いに問題がありそうです。

 

せっかく苦労して入った会社。

お給料も前職よりだいぶ上がり、福岡という土地も気に入り、やっと自立した人生が歩める、そう思って喜んで入った会社でしたが、現実は甘くありませんでした。

ここでいろいろ書くと単なる愚痴になり、皆さんもいい気はしないと思いますので、書くことは避けます。

 

ただ、毎日苦悩の中、私が最終的に退職を決めたのは、今日ご紹介する『幸せになる勇気』という本を読んだからでした。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

前作『嫌われる勇気』を読んだ私は、すっかりアドラー心理学の虜となり、アドラーに救いを求めたのでした。

この本に出てくる「青年」。それはまさに自分そのものでした。

自分に自信が持てない青年。何事もネガティブな青年はまさに悩み続けている自分でした。

 

 

 

今回の『幸せになる勇気』も、前作同様「哲人」と「青年」の対話を通して、アドラーの考えを学んでいく構成です。

この対話がすごく面白い。

青年はとにかくアドラーの考え方に納得がいかないのですが、それをひとつひとつ哲人が丁寧に解きほぐしてくれるのです。

 

最初はアドラーの考えについていけない青年が、哲人の話を聞いて少しずつアドラーを理解していき、最後には自信を持って哲人と別れる様に、私も勇気づけられました。

 

大変おすすめできる一冊です。