読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『読書を仕事につなげる技術』以前読んだ時よりも学ぶことが多かった!

読書法

 

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

 

おはようございます。しんたです。

東京は昨日、今日と本格的に雨が降っていて寒いです。

春が来そうで来ませんね。花粉が落ち着いているのが唯一の救いでしょうか。

 

さて、今回おすすめするのは『読書を仕事につなげる技術』。

発売してすぐに購入し、そのまま1回読んで本棚にしまっていたのですが、先日改めて読み直したところ、なかなか学べることが多かったのでご紹介します。

 

スポンサーリンク 

 

読書のしかた

いくつかの章を段落冒頭読みして、それでもなお引き付けられなければ、その本は読むべき本ではないのだと判断します。

時間がもっとも希少な資源となっている多くのビジネスパーソンにとっては、エッセンスの2割だけ読んで、後は捨てるという読書が有効です。

この本の作者は時間をとても貴重なものととらえています。

そのため、少しでも投資した時間に見合わなければ、どんどん切り捨てていっていいと言っています。

 

たしかにおっしゃることはわかるのですが、一般人のしんたとしては、どうも「せっかくお金を払ったのに」という気持ちが強く出てしまい、読み切らないと損、みたいな気持ちが出てしまいます。

時間も貴重ですが、貧乏性のしんたにとっては、2割読んであとは捨てるのがなかなか厳しいのが現状です。

 

本当に大事なのは、何度でも読みたくなるような深みのある本を見つけて、それを何度でも読むということです。
そのためには、たくさんの本に浅く接する

こりゃまたしんたにとってはなかなか厳しいお言葉。

お金があまりないしんたは、気に入った本を除いて、基本的に読み切った本は売ってしまうのです。

なので何度も読み返すということができない。

できるとしたら、まさにこのブログを読み返して要点を得ることでしょう。

 

できることならば、いろいろな本に浅く接したいのですが、そんなに本を買いまくるお金もなく・・・

やはりしんたはブックカフェに行って、片っ端から読んでいくのが性に合っているようです。

 

経営学を学ぶには

経営学を独学するのであれば必ず古典、原典に当たることが重要

なぜ古典や原典を読むことが重要なのかというと、

新刊のビジネス書に書いてあることのほとんどは、古典的名著といわれるビジネス書に書いてあることを、事例や業界を変えて繰り返し説明しているに過ぎない

からだそうです。

時間の節約のためにも、最初から優れた古典に当たっておけということでしょう。

 

とはいっても古典って書いてあることが難しすぎて、なかなか読み進める気が起こらないんですよね。

最近は漫画とかも多く出ているので、そっちからトライしてみようかな。

 

 

他人と違うことをしなさい

他人は知らないけれど自分が夢中になれる本をどれだけ読めるかが差別化になります。他人と違う知的成果を出そうと思うのであれば、いかに他人と違う情報をインプットするかがポイントなのです。

他の人が知っている情報を、自分が知っていても、それは単なる平均ですね。

それよりももっとマニアックな情報を、自分だけが持っていることが重要だと気づきました。

 

しんたの今後の取り組みとしては、古典に当たる+人が知らないであろうマニアックな教養を身につけること、ですね。

 

 

こんな感じで、他にも勉強できる個所はたくさんあります。

たまにはずれ本をご紹介することもありますが、今回はなかなかの良作です。

おすすめします。

『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』やはりお金を増やすには不動産投資か!

マネー

 

こんばんは。しんたです。

昨夜は新橋で飲んだ後、こってりラーメンを食べて胃がもたれ、

今夜は家だからと安心して飲みまくった結果、変な時間に寝てしまいました。

まさに怠惰な生活で反省しきりです。

 

さきほど転職エージェントから電話があり、先週金曜日に受けた会社はまだ選考中で、前向きに検討してくれているとのこと。

なんとか合格させてほしいです。

 

さて、本日ご紹介するのが『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』。

タイトルに「小林さん」と入っているのが面白くて、ついつい手に取ってしまいました。

 

内容は主に不動産投資の本ですが、それ以外にも小林さんが手がけているビジネスが紹介されており、非常に読みやすいです。

いちサラリーマンでも億を稼げるような気がして、勇気をもらいました。

 

 

 

ストックビジネス

ストックビジネスには順番がある。
最初は不動産投資から。
少額から始められる。安定収入。人に任せられる。

小林さんは、まずやるなら「不動産投資から」としきりに言っています。

株はギャンブルに近いが、不動産投資は間違いなくストックビジネスだと言い切っていたのが印象的でした。

 

私はまず株で資金を増やしてから、不動産投資をしようと考えているのですが、それは小林さんの教えに背くことになりますね。ああどうしよう。

 

不動産投資の最大のメリット

ローンを組んで始められることが不動産投資の最大のメリットです。後々ビジネスを拡大していくことを最初から意識するなら、たとえ現金で買える状態でもローンを積極的に活用しましょう。今なら金利も安いですから。

小林さんは1件目の物件を購入した当時、現金一括でワンルームマンションを買ったようですが、それを後悔しています。

ローンの力を利用して、次々に物件を増やしていったほうが効率がいいと気づいたため、と言っています。

 

まずは・・・

まずは、都市部に1000万円しないような区分マンションを買って、少額でも毎月家賃収入を得るという体験をしてみたらいい

たしかにまずはやらないと何もわかりませんよね。

とはいうものの、1000万円も簡単に使えないのが今のつらいところなんですけど・・・

小林さんは、最初は勇気が必要だが、それを乗り越えた先にはものすごいリターンが待っていると言っています。

 

失敗を避けるためには

大きな失敗を避けるための策としては、とにかく数多くの物件を見ること、見る目を養うことです。

 

早い人で1年!

月のキャッシュフローが50万円〜100万円、物件で2億〜3億円規模に増やすのに要する時間は、早い人で半年から1年くらいで到達できます。

そんなに早いのか!月に自動的に50万円入ってくるシステムさえ作り上げれば、もう将来は安泰ですね。

ああ、早くそんな人生を送りたい・・・

 

 

というわけで、しんたの不動産投資熱がますます上がってしまいました。

職に就いたらお金を貯めて、すぐに不動産投資を開始します。

大英自然史博物館展に行ってきました

f:id:poco89:20170324111400j:image

おはようございます。しんたです。

昨日も時間があったため、先日から始まった大英自然史博物館展を観に、国立科学博物館に行ってきました。

 

もともと美術館とか博物館はわりと好きなのですが、今回は久しぶりに結構楽しめました。

 

f:id:poco89:20170324111627j:image

ちなみに上野公園では早くも一部の桜が咲き始めていました。

春はそんなに遠くなさそうですね。

 

f:id:poco89:20170324111712j:image

会場はほどほどに広く、じっくり見ると1時間以上はかかるかもしれません。

私たちにわりと馴染みのある植物や動物の標本が多いので、観ていてそこまで飽きることはありません。

 

ちなみに写真は全て撮影OKのところで撮ったものです。

 

f:id:poco89:20170324111900j:image

520円で音声ガイドを借りてみました。

話もわかりやすく、ところどころで国立科学博物館の職員さんの専門的な知識も聞けたので、楽しかったです。

 

写真のように、たまにクイズが出されます。

ボタンを押して進めると、正解不正解によって音声が異なるようですよ。

いまどきの音声ガイドはハイテクですね。

 

f:id:poco89:20170324112120j:image

オオナマケモノだったかな?

とにかくめっちゃでかいです。

こんなのと対峙したら、間違いなくやられますね。

 

 

ということで、昨日は教養を深める1日でした。

今日は丸の内で読書をしたあと、夜は新橋で飲む予定です。

 

転職活動は相変わらず難航しており、なかなか気に入った会社からいいお返事がいただけません。

 

昨日あたりにはお返事がいただけるはずの会社からも、まだなんの連絡もないため、きっと落ちたのでしょう。

なかなかテンションが下がりますが、頑張ります。