しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『「言葉にできる」は武器になる。』ロジカルシンキングが鍛えられます!

 

こんばんは。プロブロガー見習いのしんたです。

今回はさきほどスタバで読んでいた『「言葉にできる」は武器になる。』をご紹介します。

 

実はロジカルシンキングの本!?

しんたはてっきり文章術の本だと思って買ったのですが、どちらかというと

言葉を相手に伝えるために大切なこと」という考え方や、

自分の真の声を相手に届けるために、その声を引き出すロジカルシンキングの方法

などに、本のおおかたが割かれているような印象です。

 

 

 

 

とはいえ、文章を書くのに大変役立つ

今回この本を読んで、あらためて気づかされたことがあります。

それは、「そもそも自分の頭の中で、情報が整理できていないにもかかわらず、文章を書くことはできない」ということです。

 

そのため、筆者は「まずは頭の中を整理しよう」としきりに言っています。

 

思考の深化なくして、言葉だけを成長させることはできない 

最近は「雑談のしかた」や「交渉術」などの本が氾濫していますが、筆者は小手先の技術の前に、自分の心の声をまとめようと言っています。

 

言葉に重みが生まれる、最大の理由。それは、言葉を発信する側の人間が、自身の体験から本心で語っていたり、心から伝えたいと思うことによる必死さ、切実さに因るところが大きい。

つまり、自分が本気にならないと、相手に伝えることはできないということです。

 

人の心を動かすのは、話している本人の本気度や使命感であり、生きる上で感じてきた気持ちが総動員された、体温のある言葉なのだ。

自分が本気になって、素直に心の声を相手に届けることで、相手の気持ちが揺さぶられます。

相手に行動を起こさせるのではありません。

自ら動きたくなるような言葉を伝えるのです。

 

真っ先に行うべきことは、頭の中に浮かんでくる内なる言葉をとにかく書き出すことである。そして、目の前に書き出された内なる言葉を軸として、考えの幅を広げたり、奥行きを深めればいいのだ。

頭の中の言葉をまとめるために、どんどん書き出せと筆者は述べています。

 

とにかく書き出す。頭が空になると、考える余裕が生まれる

書き出す作業をしないと、情報が頭にぎっしり詰まっている状態のままとなり、新たなアイデアを考える隙間がありません。

そのため、とにかく書き出すのです。

 

 

しんたも日々考えることが多いので、さっそく挑戦してみます。

日々頭の中でなにか考え事をしている方

新しいアイデアが思うように出ない方

におすすめの一冊です。

 

他のかたの感想も大変参考になります。

 

sharedoku.com

 

wakki001.com

 

eliesbook.co.jp