しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

『サピエンス全史 上』素晴らしい本に出会えました!

こんにちは、しんたです。

一昨日お花見から帰ってきてからというもの、とにかくクシャミ、鼻水が止まらず、完全に花粉にやられています。

 

どうやら今はスギもヒノキも来ているようですね。

ダルいし眠いしでつらいですが、そんな中、今日も読んでいるのが『サピエンス全史』。

そろそろ読み終わりますが、とにかくいい本なので紹介します!

 

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

 

 

普段教養本はあまり読まないしんたですが、ここまで飽きさせず、興味を持ったまま読み進められた教養本は、この本が初めてです。

 

単なる教養としての知識を得たことにとどまらず、

どういうところに興味を持って今後生きていくべきなのか

今までの歴史から、今後こういうことが起こるのではないか

といった、様々な目線を持つきっかけを持たせてくれました。

 

本の中に出てくる貨幣の登場の部分なんかは、今まさに仮想通貨が流行っているので、現代でもすぐに応用が効きそうです。

なんなら現代人が、実は何万年も前のローマ人と同じことをやっているのは、非常に興味深い。

 

教養本と聞くと、なにやらとても難しく書かれていて、とても読む気になれないイメージがしますが、この本はなるべく平易に書かれているので、そこまで頭を使わずに流し読みするだけでも十分楽しめます。