読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんたの読書ノート

読書大好きなしんたが、読んだ本の感想を自由気ままにまとめたブログです。

超・箇条書き

 こんばんは。今回も最新の本を読んでみました。こちらです。

超・箇条書き

超・箇条書き

 

 いやー前回に引き続き、今回も敗北です。

まだ前回よりはましでしたが、それでも難しくて

進むにつれて読むのがきつくなっていきました。

 

タイトルは非常に気になる「箇条書き」。

ぼくも箇条書きは大好きなので、どういう風に書くと

よりスキルが身につくのか、といった視点で読んでみました。

 

 

 

 

・箇条書き

短く、魅力的に伝える。

情報量が少ないため、処理するのが楽。

 

・箇条書きが向くタイミング

相手が忙しいとき

相手がこちらに関心を持っていないとき

 

・構造化された箇条書きが重要

(例)

・3つの問題点が議論された

  ・営業の人員が足りていない

  ・手強い競合商品があるため苦戦している

  ・コールセンターでの問い合わせ対応のトレーニングが間に合わない

 

・2つの対応が決まった

  ・マーケティング部が営業部に・・・

  ・それ以外のことは・・・

のように段落分けをして、構造化することが重要。

 

・羅列

1つ1つの文の並びに意味を持たせる。

 

・グルーピング

「状態・現象」と「行為」を分ける。

×ハンバーグがある。サラダを作る。スープがある。